把握することで、トラブルを回避することができる

保険のプロから学ぶ自分に合ったプラン

節税する

法人税の節税をしよう

逓増定期保険は法人において節税をするための必需品の1つといえます。経営者であれば一度は耳にする保険です。比較的大きな保険契約をすることができますので、節税効果も大きくなります。但し、逓増定期保険契約は毎年保険料が発生するものです。そのため、安定的な収益が数年見込めることが必要です。逓増定期保険を組んだがゆえに赤字に陥ってしまっては意味がありません。黒字を見通せる中で行いましょう。しばしば、保険を使った節税を課税の繰り延べに過ぎず、長い年数で見れば支払う税金は変わりがないと考える経営者もいます。確かに課税の繰り延べである一面もありますが、この繰り延べをすることで得られるメリットがあるということを考えておく必要があります。

逓増定期保険のメリットを把握しよう

1つ目のメリットは大きな費用が発生する時に充当するということです。経営者の退職金や災害などによる思わぬ業績の苦戦時に解約をして益出しをすれば、赤字に陥らずに済むケースもあります。2つ目は法人税率の差異を利用するということです。現在、法人税の実効税率がじわじわと下がっています。今よりも下がることがわかっていれば実効税率が下がった時に利益を繰り延べておく方が支払う税金は少なくて済みます。逓増定期保険は以前は全損扱いをすることができましたが、今ではその保険料全部を費用にはできなくなりました。それでも節税効果がなくなったわけではないので、業績が比較的順調に推移しているのであれば、検討してみても良いでしょう。

↑ PAGE TOP