把握することで、トラブルを回避することができる

保険のプロから学ぶ自分に合ったプラン

自転車保険について

増えている自転車保険への加入

警察庁の統計において自転車事故は平成17年をピークにやや減少傾向にあるそうです。 しかしその数は依然多く、いざという時に備えて自転車保険への加入の必要性が高まっています。 自転車事故は対車との事故が圧倒的に多いのですが、近年増えつつあるのは自転車対歩行者の場合です。 この場合自転車は加害者となり、相手にけがや後遺症を残してしまうような大事故になる可能性もあります。 そのため自転車保険へ加入する人が近年増えてきています。 保障内容にもよりますが、手頃なものだと月々の保険料が100円からの商品もあります。手厚い保証内容を望むなら保険料がもう少し高い商品も当然ありますが、それでも平均数千円が相場です。 数千円で自転車事故のリスクに対応できるならばそう高くはないかもしれませんね。

保険の種類と金額の傾向について

自転車保険には様々な商品があります。 自転車に乗っている時の事故に関してのみ保障されるもの、自転車意外にも車やバイク乗り物全般に保障されるもの。前者より後者の方が当然割高になります。 月々の保険料を安くしたい方は、自転車保険だけでも加入することをお薦めします。 なぜなら車に乗る人は事故が起きるリスクをある程度認識しているし、自賠責保険が広く普及しているので、車やバイク事故に関する保険に対する備えは多くの人が行っています。しかし自転車の場合、被害者はもちろん加害者になりうるリスクを認識している人がまだまだ少ないのが現状です。当然自転車保険への加入率も低いので、この機会に一度自転車保険への加入を検討されることをお薦めします。

↑ PAGE TOP