把握することで、トラブルを回避することができる

保険のプロから学ぶ自分に合ったプラン

加入するメリット

加入しておけば心強い味方

2015年の暦ははゴールデンウィークやシルバーウィークの休日の並びが良く、1〜2日間休みを取れば、大型連休を取ることができます。となると当然、海外に目が向く人も多くなるのではないでしょうか。 そんな海外旅行の際に当日までに忘れずに必ず加入してほしいのが旅行保険です。 最初から怪我やトラブルを前提に旅行に行く人はいないと思いますが、普段より行動的になる海外旅行では、病気や怪我はもちろん、トラブルに巻き込まれることもないとは言えません。そんなケースでは、慣れない土地で高額の支払いやトラブル処理が怪我や病気そのものよりもシビアになってしまうこともあるのです。 実は社会保険に加入している人なら、旅行中の怪我や病気のために海外で受けた治療代は、日本に帰国してから申請することで一定の払い戻しが可能です。ただし、病院などへの支払いは退院時にすべて支払わなければなりません。外国では、治療費が日本の自由診療と同様に全額負担の国も多々あり、その支払いは膨大になることも。そんなケースを想定するとやはり旅行保険は必要と言えるでしょう。

病気や怪我だけじゃない、旅行保険のメリット

怪我や病気だけではありません。海外で、人に危害を加えてしまったり、モノを壊してしまった場合、保障額が莫大になる可能性もあります。また、そこまで深刻でなくても持参した私物が壊れたり、盗まれるなどのケースは少なくないのです。こんなケースにも安心なのが旅行保険。起きてしまった病気やトラブルを無くすことはできませんが、そこから来る損害を最低限に抑えることが可能になると言えるでしょう。 そんな旅行保険、料金は一体いくらぐらいなのでしょうか。旅行期間と場所によって料金設定は細かく分かれていることが多いようですが、例えば韓国への2泊3日の旅行であれば、1500円位から、アメリカへの7泊8日の旅行であれば3000円位からなど、旅行当日から帰国日まで、旅行日数にぴったり合ったプランを無駄なく選ぶことが可能。保障内容と安心を考えれば充分納得できる金額なのではないでしょうか。 また、出発前にバタバタしてしまって掛け忘れて出発当日を迎えてしまっても大丈夫。ネット予約で当日でも加入が可能なのです。せっかくの海外旅行がどんな場合でも最悪の想い出にならないよう、旅行保険は是非、加入してから出発しましょう。

↑ PAGE TOP